大分大学 教育学部大分大学 教育学部

三

学部紹介

>学部紹介>学部長メッセージ

学部長メッセージ

ご挨拶

教育学部長 古賀 精治

教育学部長古賀 精治

教育学部は明治6年に旧府内藩文武館を改称した府内学校を起源とする大分県師範学校(明治9年)の創立に始まります。以来、旧制諸学校である大分師範学校と大分青年師範学校を総括し、昭和24年新制大分大学学芸学部として新たな歩みを開始し、昭和41年教育学部への名称変更、平成11年教育福祉科学部への改組を経て、平成28年4月より小学校教育コースと特別支援教育コースから成る教員養成に特化した教育学部となりました。大分大学の学部の中で最も長い歴史を有し、多くの有為な人材を輩出してまいりました。

新しい教育学部は地域の学校教育の発展のため、教育に関する専門的な知識・技能を学校現場の中で創造的・総合的に活用し、新たな学びや地域の教育課題に的確に対応できる実践的指導力を備えた小学校教員、特別支援学校教員の養成を行います。そのために学力向上、体力向上、不登校・いじめ、小学校における英語の教科化、特別支援教育などの地域の教育課題に的確に対応できる力を学修するための科目を新設し、1年次から4年次までしっかりと体系化された積み上げ方式の教育実習を行い、一人ひとりの学生の特性を踏まえた教職への厚いサポート・システムを構築することで、実践型教員養成機能をより一層強化していきます。

平成4年に設置された大学院教育学研究科も平成28年4月より大きく変わりました。学部教育で修得した学校教育の基本的知識ならびに学校教育現場における教師としての経験や知識を土台に、新しい学校づくりにおいて指導的役割を果たし得るスクールリーダー(管理職等)を養成する学校経営コースと学校現場における今日的課題に対応し得る教員を養成する教職実践コースから成る教職開発専攻(専門職学位課程)、いわゆる教職大学院を新たに設置しました。

教育学部、教育学研究科は地域密接型を目指す大学として、義務教育諸学校に関する地域の教員養成機能の中心的役割を担うとともに、地域の教育研究や社会貢献活動等を通じて、我が国の教育の発展・向上に寄与することを基本的な目標とし、社会が求める高い付加価値をもった教員の養成を図っていきます。

「学校の先生になりたい」という思いを抱いている皆さん、その夢を叶えるため、大分大学教育学部で教師としての確かな指導力や豊かな人間性を身につけ、一緒に教職の道を目指しましょう。