大分大学 教育学部大分大学 教育学部

三

大学院教育学研究科 教職開発専攻(教職大学院)

>大学院教育学研究科 教職開発専攻(教職大学院)>教職大学院活動報告

教職大学院活動報告

2020年(令和2年)8月25日

【教職実践コースM2】 学校実習実地研究Ⅲ中間発表会


前期学校実習の成果について中間報告しました!

 教職実践コースでは,教育実践研究報告書作成に向けて,「学校実践実地研究Ⅲの中間発表会」を実施しました。2年次生2名が,学校実習前半15日間で実施した授業実践をもとに分析・考察したことを発表しました。参加してくださった29名の院生や教員から,温かな質疑・感想をいただきました。発表者に感想を尋ねると「他教科との比較についての質問から,道徳の授業実践での発問だけに目が向いていたことに気がつきました。他教科の発問も考えることで,道徳ならではの発問が見えてくるかもしれないと思いました」「質問をうけることで,自分の報告書の不備が明確になりました。あまり意識せず報告書に記述していた部分の指摘や感想からは,考え方の視点を広げることができました」ということでした。明らかになった課題を後期学校実習10日間の実践につなげてください。

2020年(令和2年)8月24日

【講義:選択必修科目】授業研究・子ども理解総合演習Ⅰ


ZOOMを使ったオンライン模擬授業演習

 【この記事は,大学院生が作成しました】 今回が,前期最後の第15回演習でした。中学校数学のヒストグラムの授業をさせて頂きました。リモートの授業では、発問の内容や生徒を授業に登場させる工夫がより大切であると思いました。授業後に、たくさんの改善案を頂くことができました。その中で私の課題の1つとして改めて感じたのは、「考えさせたいこと」と「発問の内容」が対応しているかです。本講義では発問の種類などを学ぶことができましたが、実際に使えるスキルを身に付ける必要があると分かりました。コロナ禍でオンライン授業やICT活用が進むと思いますが、生徒に何をさせたいのかを常に明確に持てるようにしていきたいです。自分の課題も見つけることができたので、貴重な体験でした。

2020年(令和2年)8月18日

【高度専門科目:児童生徒理解・学級経営に関する領域】「子ども理解・学校生活の理論的探究」発表会


教育学部の先生の指導も受けられます!!

 「子ども理解・学校生活の理論的探究」の学修成果発表会が、院生5名とそれぞれの担当教員(学部教員)、そして教職大学院の教員のコラボによって、Zoomで開かれました。様子を写真でお伝えできないのが残念ではありますが、非常に活発な意見交換が温かい雰囲気の中行われました。発表テーマと参加者の感想は下の表をご覧ください。教職大学院の先生だけでなく、教育学部の先生の指導も受けることのできる、本学教職大学院で是非とも主体的、対話的に深く学んでみませんか?

2020年(令和2年)7月16日

【自主学習会:授業開発・学級経営領域(M1)】授業力向上プロジェクト


模擬授業で自主学習会!(教員も協力)

 教職大学院では、研究と実践の往還を大切にしています。これまでの学修を授業に生かすことのできる実践力を向上させるために、「授業力向上プロジェクト」を開催しました。板書指導案の作成と添削、模擬授業と事後研修を中心に行い、良かった点や改善点を話し合いました。午後のプログラムでは、教員も模擬授業を行い、授業の意図や授業づくりのポイントについて解説してもらいました。普段見る機会の少ない、貴重な学びの機会となりました。

2020年(令和2年)7月9日

【実習:授業開発・学級経営領域(M1)】学校実践基礎研究(大分豊府高等学校)


各学校段階,学校種による相違点に着目しています

 7月9日(木)は,大分豊府高等学校で基礎研究の観察実習を行いました。iPadや電子黒板等のICT機器を活用した授業を観察したり,中高一貫校の特色を生かした「世界標準の学力・人間力」の育成を目指すカリキュラムについて学んだりしました。これまでの学校実践基礎研究で観察してきた校種との系統性や相違点から,高等学校教育の重要性を改めて認識し新たな気づきにつながった院生も多いようでした。また,10日(金)は,校長先生、教頭先生はじめ教務主任、生徒指導主任、教科統括、特別活動、進路指導の各領域・分掌の主任・主担当の先生方からお話を聞き,学びをより深めることができました。

2020年(令和2年)7月8日

【実習:教職実践コース(M2)】実地研究Ⅲ(判田小学校)


公立小学校での授業実践をがんばっています

 教職実践コース2年生の学校実習は,昨年度の実地研究Ⅱに引き続き実地研究Ⅲを大分市立判田小学校で実施させていただいています。昨年度の実地研究Ⅱは,15日間,授業観察が中心でした。実地研究Ⅲは,前期15日,後期10日間のなかで,「教育実践研究報告書」作成に向けて,授業実践を行います。2年生の凌さんは,「特別の教科 道徳」,松岡さんは「国語科」の授業実践を通して,自分自身の研究テーマや研究課題について検証しようとしています。指導案づくりで考えていたことと,実際の授業の流れとの違いを実感しつつ,子どもともに学ぶ楽しさを味わっています。

2020年(令和2年)7月3日

【実習:選択必修科目】学校実践基礎研究(附属中学校)


教職大学院の実習科目が始まりました

 附属中学校での観察実習では、他校種で観察した児童・生徒の学びの姿や教員の働きかけと比較しながら、授業観察を中心に行いました。公開していただいた数学の研究授業では、問題意識をもたせる導入教材の工夫や、見方・考え方を働かせた協働的な問題解決のための手立てを学びました。院生からは「学部実習の時には,授業実践をすることばかりを気にしていたが,学校全体での授業改善の取組やアンケートによる省察などの話を聞き,教員になった後でも常に学び続けることが必要だと実感できた」「生徒との関係性が大切ということは言うまでもないが,学校全体での方針や目標を意識してつながりをもたせながら日々の学年経営を行っていることが知れてよかった」「様々な校種を毎週参観したので,中学校との相違点や教育の本質として変わらないもの,発達段階などについてより考えさせられた」などの反応がありました。

2020年(令和2年)5月18日

【講義:選択科目】子ども支援の理論と実践


子どもの問題行動をどう理解するのか

 第2回のテーマは,「子どもの個別理解に関する講義—学習・認知的な能力の理解-」でした。子どもの問題行動をどのように理解するのか,事例をもとに,その解釈を中心にして学び合いました。問題行動として表出した現象の前後のプロセスに着目し3つのフレームに整理する方法や,問題行動の要因にあるクライエントの困りを別の表現に置き換えたりする方法とその理論について,具体的に考えることができました。問題行動だけにとらわれて,原因追及だけに注力してしまうこともあります。子どもを理解するには,その問題行動の原因を表面だけで決めつけず,寄り添っていくことの大切さを再確認しました。

2020年(令和2年)5月18日

【講義:共通必修科目】カリキュラムデザイン基礎


学びをつないでいくとは?

 今回は,教科横断的な学びについての学修でした。現職院生のみなさんの勤務校での経験や、ストレートマスターのみなさんの学習経験を聞かせてもらいながら、「なぜ教科を横断することが必要なのか」「授業の中でどのように学びをつないでいくのか」を考えていきました。“教科をつなぐ”“学びをつなぐ”という観点は、多忙な勤務の中ではともすると忘れられがちですが、生きた学びをつくる上では大切なことです。何のためにどうつなぐのかを意識して、実践に生かしていただきたいと思います。

2020年(令和2年)4月6日

【新入生(第5期生)ガイダンス】ようこそ!教職大学院へ!


第5期生19名とともに新体制がスタート!

 本年度から,教職開発専攻(専門職学位課程)と学校教育専攻(修士課程)とが統合され,新体制の教職大学院がスタートしました。 新型コロナウイルス感染予防対策のため,入学式が中止となり,新入生ガイダンスも例年通りのメニューを大幅に短縮して実施しました。 前期授業の開始日変更やオンライン授業実施など,今まで経験したことのない危機対応の毎日となりますが,みんなで力を合わせて乗り切っていきたいです。


過去の記事は以下をご覧ください。各年度をクリックすると該当年度の記事が開きます)

令和2年度(2020年度) 【設立5年目(組織改編)/M1:5期生19名入学,M2:4期生8名修了予定】

 専任教員(50音順)

 学校経営領域/有定裕雅,大島崇,小池一彦,福本昌之,山崎清男,山本遼

 授業開発・学級経営領域/河野晋也,竹中真希子,立川研一,藤村晃成,牧英治郎

 特別支援教育領域/佐藤晋治,古庄一夫

 附属学校/後藤みゆき,時松哲也

  ※大分大学教育学部の教員は,兼担教員。

平成31年度/令和元年度(2019年度) 【設立4年目/M1:4期生8名入学,M2:3期生8名修了】

 専任教員(50音順)

 学校経営コース/有定裕雅,大島崇,小池一彦,福本昌之,山崎清男,雪丸武彦

 教職実践コース/今村裕,竹中真希子,立川研一,古庄一夫,牧英治郎,森才三

平成30年度(2018年度) 【設立3年目/M1:3期生8名入学,M2:2期生9名修了】

 専任教員(50音順)

 学校経営コース/有定裕雅,大島崇,小池一彦,福本昌之,別木達彦,山崎清男,雪丸武彦

 教職実践コース/市原靖士,今村裕,竹中真希子,古庄一夫,牧英治郎,森才三,渡邊早苗

平成29年度(2017年度) 【設立2年目/M1:2期生9名入学,M2:1期生10名修了】

 専任教員(50音順)

 学校経営コース/有定裕雅,大島崇,福本昌之,別木達彦,山崎清男,雪丸武彦

 教職実践コース/市原靖士,今村裕,竹中真希子,土谷陽史,福地広之,森才三,渡邊早苗

平成28年度(2016年度) 【設立1年目/M1:1期生10名入学】※ホームページはありません

 専任教員(50音順)

 学校経営コース/有定裕雅,大島崇,福本昌之,別木達彦,山崎清男,雪丸武彦

 教職実践コース/市原靖士,今村裕,竹中真希子,土谷陽史,福地広之,森才三,渡邊早苗